TOP 信用調査可能地域> 兵庫県淡路市

企業信用調査(兵庫県淡路市)

イメージ 現代の企業が業務上のリスクを回避するためには、既存の企業データベースのみならず、もう一歩踏み込んだ信頼性の高い企業信用調査が求められています。

 

 もちろん、これまでのような表面的な企業調査ではなく、経営者の動向や幹部の異動、社員の士気といった人の動き、財務諸表のチェックや主要銀行の状況などの金銭の動き、販売先や仕入先、不良在庫などの物の動きの現状を知る必要があります。

 また、それら人、物、金の三本柱以外にも人物信用度・個人資産の調査が必要です。当社は、対象企業が発する情報だけでは判らない、企業の現状をお調べいたします。

個人信用調査(兵庫県淡路市)

 現在、重要な取引や契約の際には相手の情報を入手するために、信用度をチェックすることは当然の手続きです。

 これまでの職務経歴や近隣での評判、交友関係などを調べることで、トラブルを回避することができるのです。

 当社の個人信用調査なら、対象者の人物性や仕事上での評価、資産、勤務先での評価など、あらゆる面で詳細に調査いたします。

与信管理の重要性(兵庫県淡路市)

 販売不振や経費削減、リストラ、金融機関の貸し渋り、痛みを伴う行政改革が唱えられ、大企業の倒産が連鎖倒産を引き起こしている昨今。いくら名の知れた老舗・上場企業が、突然「倒産」や「会社更生法適用」と報じられても、さほど驚かない状況ではないでしょうか。

 

 そんな先行きの見えない泥沼的構造不況が企業の体力を奪う中、与信管理の必要性は益々高まってきています。 もはや、取引先が一流・上場企業だからといって、何の策もないまま取引できる時代ではありません。

 

 与信管理がない取引は、もはや取引ではありません。売り掛け回収がなくては、売り上げがないのと同然なのです。 これからの企業は、人、物、金の三本柱のどの一本が欠如しても成り立ちません。信用調査は、そんな状況を救う四本目の柱となるに違いありません。

兵庫県淡路市について

淡路市(あわじし)は、兵庫県の南部、瀬戸内海に浮かぶ淡路島の北端から中央部にかけて位置する、島の北側三分の一を占める市である。明石海峡大橋を通じて神戸市と隣接しており、神戸都市圏(1.5%都市圏)に含まれている。2005年4月1日に旧・津名郡淡路町、津名町、北淡町、一宮町、東浦町が合併して発足した。合併後の人口は約5万2000人。旧・津名町から引き継いだ1億円の金塊や、阪神・淡路大震災の震源地である旧・北淡町の野島断層、世界最大の明石海峡大橋などで有名。また百人一首「来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ」の句は、北端の松帆の浦(松帆崎)が舞台である。

興信所雇用調査浮気調査興信所探偵調査会社興信所浮気調査