TOP 信用調査可能地域> 兵庫県神戸市北区

企業信用調査(兵庫県神戸市北区)

イメージ 現代の企業が業務上のリスクを回避するためには、既存の企業データベースのみならず、もう一歩踏み込んだ信頼性の高い企業信用調査が求められています。

 

 もちろん、これまでのような表面的な企業調査ではなく、経営者の動向や幹部の異動、社員の士気といった人の動き、財務諸表のチェックや主要銀行の状況などの金銭の動き、販売先や仕入先、不良在庫などの物の動きの現状を知る必要があります。

 また、それら人、物、金の三本柱以外にも人物信用度・個人資産の調査が必要です。当社は、対象企業が発する情報だけでは判らない、企業の現状をお調べいたします。

個人信用調査(兵庫県神戸市北区)

 現在、重要な取引や契約の際には相手の情報を入手するために、信用度をチェックすることは当然の手続きです。

 これまでの職務経歴や近隣での評判、交友関係などを調べることで、トラブルを回避することができるのです。

 当社の個人信用調査なら、対象者の人物性や仕事上での評価、資産、勤務先での評価など、あらゆる面で詳細に調査いたします。

与信管理の重要性(兵庫県神戸市北区)

 販売不振や経費削減、リストラ、金融機関の貸し渋り、痛みを伴う行政改革が唱えられ、大企業の倒産が連鎖倒産を引き起こしている昨今。いくら名の知れた老舗・上場企業が、突然「倒産」や「会社更生法適用」と報じられても、さほど驚かない状況ではないでしょうか。

 

 そんな先行きの見えない泥沼的構造不況が企業の体力を奪う中、与信管理の必要性は益々高まってきています。 もはや、取引先が一流・上場企業だからといって、何の策もないまま取引できる時代ではありません。

 

 与信管理がない取引は、もはや取引ではありません。売り掛け回収がなくては、売り上げがないのと同然なのです。 これからの企業は、人、物、金の三本柱のどの一本が欠如しても成り立ちません。信用調査は、そんな状況を救う四本目の柱となるに違いありません。

兵庫県神戸市北区について

北区(きたく)は、神戸市を構成する9行政区のひとつで、同市の北東部、六甲山の北側から西側に位置する。1973年(昭和48年)8月1日に兵庫区から分区された。分区当初の人口は116,739人であったが、宅地開発の進展により現在では約2倍に達しており、神戸市では西区に次いで多い。面積は神戸市全体の約44%を占める。神戸市の区の中では人口密度が最も低い。神戸電鉄の沿線に沿って古くからベッドタウン化が著しく北区の人口増加は長期にわたり続き、さらには三田市にまで及んだ。バブル期の神戸市にはそれを見据えた再分区計画があり、その最有力候補は郡名から「有馬区」であった。しかしながら、現在でも面積のほとんどは山林、農地が占める。

興信所雇用調査浮気調査興信所探偵調査会社興信所浮気調査