TOP 信用調査可能地域> 埼玉県和光市

企業信用調査(埼玉県和光市)

 現代の企業が業務上のリスクを回避するためには、既存の企業データベースのみならず、もう一歩踏み込んだ信頼性の高い企業信用調査が求められています。

 

 もちろん、これまでのような表面的な企業調査ではなく、経営者の動向や幹部の異動、社員の士気といった人の動き、財務諸表のチェックや主要銀行の状況などの金銭の動き、販売先や仕入先、不良在庫などの物の動きの現状を知る必要があります。

 また、それら人、物、金の三本柱以外にも人物信用度・個人資産の調査が必要です。当社は、対象企業が発する情報だけでは判らない、企業の現状をお調べいたします。

個人信用調査(埼玉県和光市)

 現在、重要な取引や契約の際には相手の情報を入手するために、信用度をチェックすることは当然の手続きです。

 これまでの職務経歴や近隣での評判、交友関係などを調べることで、トラブルを回避することができるのです。

 当社の個人信用調査なら、対象者の人物性や仕事上での評価、資産、勤務先での評価など、あらゆる面で詳細に調査いたします。

与信管理の重要性(埼玉県和光市)

 販売不振や経費削減、リストラ、金融機関の貸し渋り、痛みを伴う行政改革が唱えられ、大企業の倒産が連鎖倒産を引き起こしている昨今。いくら名の知れた老舗・上場企業が、突然「倒産」や「会社更生法適用」と報じられても、さほど驚かない状況ではないでしょうか。

 

 そんな先行きの見えない泥沼的構造不況が企業の体力を奪う中、与信管理の必要性は益々高まってきています。 もはや、取引先が一流・上場企業だからといって、何の策もないまま取引できる時代ではありません。

 

 与信管理がない取引は、もはや取引ではありません。売り掛け回収がなくては、売り上げがないのと同然なのです。 これからの企業は、人、物、金の三本柱のどの一本が欠如しても成り立ちません。信用調査は、そんな状況を救う四本目の柱となるに違いありません。

埼玉県和光市について

和光市(わこうし)は、埼玉県南部にある人口約8万人の市。戦後、急速に東京のベッドタウンとして人口が増え、本田技研工業の工場建設(現在は工場は廃止)によって工業都市として発展。株式会社本田技術研究所の世界本社、独立行政法人国立病院機構埼玉病院、独立行政法人理化学研究所のほか、近年では、税務大学校、司法研修所、裁判所職員総合研修所などの国や民間の研究・研修施設の立地が進んでいる。人口増加率は、1995年(平成7年)から2005年(平成17年)までの10年間で、21%であり、埼玉県の市町村では1位である。全国ではトップ10に入っている。また生産年齢人口の割合も75%に上り、全国トップ10に入っている。このため東京都内に比べて児童数が多く全体に若い雰囲気の街とも言える。

興信所雇用調査浮気調査興信所探偵調査会社興信所浮気調査